photo_sub1

MENU

表彰

学会誌論文賞

※所属などの情報は受賞時のものです。
1998/01/01
  • ビデオレートステレオマシンの開発(JRSJ Vol.15, No.2)
    金出武雄(CMU)、蚊野浩(三洋電機)、木村 茂(防衛庁)、川村英二(サイヴァース)、吉田収志(FFC)、織田和夫(アジア航測)
  • 並列処理型センサベーストマニピュレーションシステム:匠(JRSJ Vol.15, No.3)
    北垣高成、末廣尚士、小笠原司(電総研)、劉雲輝(Chinese Univ.of Hong Kong)
  • 超並列・超高速ビジョンを用いた1msターゲットトラッキングシステム(JRSJ Vol.15, No.3)
    中坊嘉宏、石井 抱、石川正俊(東京大学)
  • リモートプレイン方式におけるソフトウェアプラットフォームの構造化と実現(JRSJ Vol.15, No.4)
    加賀美聡、稲葉雅幸、井上博允(東京大学)
1997/01/01
  • 多指ハンドによるパワーグラスプの力学的特性(JRSJ Vol.13, No.4)
    小俣透(東工大) 永田和之(電総研)
  • ロボットによる人間の意図の能動的理解機能(JRSJ Vol.13, No.4)
    佐藤知正、西田佳史(東京大学)、市村純理(日立製作所)、畑村洋太郎、溝口博(東京大学)
  • 路上形状に偏差のある環境に対する適応能力を持つ2足歩行ロボットの開発(JRSJ Vol.14, No.4)
    山口仁一(早稲田大学)、木下 昇(松下電器産業)、高西淳夫、加藤 一郎(早稲田大学)
  • 作業の目的を考慮した視覚認識戦略の生成(JRSJ Vol.14, No.4)
    三浦 純(阪大)、池内克史(東大)
1996/01/01
  • 非ホロノミック・マニピュレータの理論的設計と非線形制御(JRSJ Vol.13, No.5)
    中村仁彦 (東京大学) Ole Jakob Sφrdalen(ABB研究所) 鄭 宇眞(東京大学)
  • 仮想ホロプタを用いた実時間両眼追跡(JRSJ Vol.13, No.5)
    喜多伸之 國吉康夫 坂根茂幸(電総研)、S.Rougeaux(フランス国立工芸学校企業情報研究所)
  • 視覚に基づく強化学習によるロボットの行動獲得(JRSJ Vol.13, No.1)
    浅田稔 野田彰一 俵積田健 細田耕(大阪大学)
1995/01/01
  • 3自由度パラレル機構と宇宙用スマート効果器への応用
    町田和雄 戸田義継 岩田敏彰(電子技術総合研究所) 飯倉昇一 小松 督(東芝研究開発センター)
1994/01/01
  • 組合わせ理論に基づく6軸力覚センサの設計に関する基礎的研究
    金子 真(広島大学) 西原敏晴(三菱重工業)
  • 局所センサ情報を用いた未知環境における複数の移動ロボットの運動計画法
    劉 雲輝(電子技術総合研究所) 有本卓(東京大学)
1993/01/01
  • 環境モデルと作業スキルの統合によるロボット作業システム
    長谷川勉 末廣尚士 高瀬国克(電子技術総合研究所)
  • 宇宙ロボットの多腕協調制御  - スタビライジング・アームの利用による制御トルクの最適化 -
    吉田和哉 倉爪 亮 梅谷陽二(東京工業大学)
1992/01/01
  • 人間との協同作業を特徴とする遠隔作業ロボットシステム
    佐藤知正 松井俊浩 平井成興(電子技術総合研究所)
1991/01/01
  • 統一的機構動特性解析とロボットシミュレータへの適用
    杉本浩一 原敦子 増井知幸(日立製作所)
1990/01/01
  • フレキシブルロボットアームの可補償性
    姜兆慧 内山勝(東北大学)
1989/01/01
  • マルチメディアディスプレイを用いた統合型遠隔ロボット制御法
    松井俊浩 塚本享治 (電子技術総合研究所)
  • 四足動歩行ロボットの力学的解析
    木村浩 下山勲 三浦宏文(東京大学)

PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone unipos unipos

求人情報

ixs

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628