photo_sub1

MENU

Awards

Best Paper Award

Oct. 11, 2018
  • An Automatic Basic I/O Gain Tuning System Based on Shaping Control Input Histogram for Human-Machine Systems
    (JRSJ Vol.34 No.1, pp.56-64)
    Mitsuhiro Kamezaki (Waseda University), Hiroyasu Iwata (Waseda University), Shigeki Sugano (Waseda University)
  • 3D Measurement with High Accuracy and Robust Estimation for Bin Picking
    (JRSJ vol.34 no.4, pp.261-271)
    Shogo Arai(Tohoku University), Tomoki Harada(SEIKO EPSON CORPORATION), Atsushi Touhei(Tohoku University), Koichi Hashimoto(Tohoku University)
  • Multiobjective Optimization Method for Expensive Functions with Unknown Failure Regions and Its Application to Mobile Robot
    (JRSJ vol.35 no.2, pp.143-152)
    Kenta Kato(Kyoto University), Ryo Ariizumi(Nagoya University), Fumitoshi Matsuno(Kyoto University)
  • Steerable Needle Based on Active Sheath Mechanism
    (JRSJ vol.35 no.7, pp.539-547)
    Atsushi Yamada(Shiga University of Medical Science), Shigeyuki Naka(Shiga University of Medical Science), Shigehiro Morikawa(Shiga University of Medical Science), Norihisa Nitta(Shiga University of Medical Science), Tohru Tani(Shiga University of Medical Science)
Oct. 12, 2017
  • Imitation of Human Regrasping Motion with a Robotic Hand Based on Tangle Topology
    (JRSJ Vol.33 No.7, pp.514-523)
    Shunsuke Kudoh (The University of Electro-Communications), Phongtharin Vinayavekhin (The University of Tokyo ), Yoshihiro Sato (The University of Tokyo), Katsushi Ikeuchi (The University of Tokyo)
  • Whole-body Pushing Manipulation of Large and Heavy Objects by Life-sized Humanoidbased on Contact Posture Planning and Online Footstep Modification
    (JRSJ Vol.34 No.7, pp.448-457)
    Masaki Murooka(The University of Tokyo), Yuta Kojio(The University of Tokyo), Shunichi Nozawa(The University of Tokyo), Yohei Kakiuchi(The University of Tokyo), Kei Okada(The University of Tokyo), Masayuki Inaba(The University of Tokyo)
  • Food Texture Sensing by Using a Variable Elasticity Type Imitation Tongue
    (JRSJ Vol.34 No.9, pp.631-639)
    Akihide Shibata(Osaka University), Sayaka Ishihara(San-Ei Gen F.F.I., Inc. ), Satomi Nakao(San-Ei Gen F.F.I., Inc. ), Akira Ikegami(San-Ei Gen F.F.I., Inc. ), Makoto Nakauma(San-Ei Gen F.F.I., Inc. ), Mitsuru Higashimori(Osaka University)
Nov. 09, 2016
  • Precise Robotic Assembly Using Passive Alignment Principle
    (JRSJ Vol.33 No.5, pp.362-369)
    Junji Takahashi (Aoyama Gakuin Univ.), Tomoya Fukukawa (Nagoya Univ.), Toshio Fukuda (Nagoya Univ.)
  • Bin-picking System for General Objects
    (JRSJ Vol.33 No.5, pp.387-394 )
    Akio Noda(Mitsubishi Electric Corp.), Yukiyasu Domae(Mitsubishi Electric Corp.), Tatsuya Nagatani(Mitsubishi Electric Corp.), Haruhisa Okuda(Mitsubishi Electric Corp.), Ken-ichi Tanaka(Mitsubishi Electric Corp.)
  • Pre-grasp Control for Various Objects by the Robot Hand Equipped with the Proximity Sensor on the Fingertip
    (JRSJ Vol.33 No.9, pp.712-722)
    Keisuke Koyama(The Univ. of Electro-Communications), Yosuke Suzuki(The Univ. of Electro-Communications), Aiguo Ming(The Univ. of Electro-Communications), Makoto Shimojo(The Univ. of Electro-Communications)
Dec. 17, 2015
  • Estimation of Gripping Force using Encoders and Master Slave Surgical System
    (JRSJ Vol.31 No.9 pp.928-935)
    Shintaro Inoue, Kosuke Kishi, Seiya Takahashi, Ichiro Sakuma, Minoru Ono
  • New Ring Shaped Flying Robots that can Stand and Roll with Variable Pitch Propellers for Multi-Field Applications
    (JRSJ Vol.32 No.9 pp.807-815)
    Koji Kawasaki, Moju Zhao, Kei Okada, Masayuki Inaba
  • Design and Development of Robots which Support Activities of Recovery from Nuclear Hazards
    (JRSJ Vol.32 No.9 pp.816-824)
    Ken Onishi, Noriko Onishi, Jun Fujita, Koji Hara, Tatsuya Hashimoto
Oct. 02, 2014
  • 幾何学的運動拘束を利用した高速・高精度細胞マニピュレーション
    (日本ロボット学会誌第30巻第6号,pp.655-661)
    福井 航(大阪大学),金子 真(大阪大学),川原知洋(名古屋大学・九州工業大学),山西陽子(名古屋大学),新井史人(名古屋大学・ソウル大学)
  • コンプライアント―パラレルメカニズムを応用した高精度・広動作域位置決め装置
    (日本ロボット学会誌第30巻第7号,pp.735-743)
    小塚裕明(名古屋工業大学),荒田純平(名古屋工業大学),奥田憲司(ブラザー工業(株)),翁長明範(ブラザー工業(株)),大野元嗣(ブラザー工業(株)),佐野明人(名古屋工業大学),藤本英雄(名古屋工業大学)
  • 大容量空気圧人工筋を用いた重量物ハンドリング用パワーアシストアームの開発
    (日本ロボット学会誌第31巻第5号,pp.497-507)
    岡﨑安直(パナソニック(株)),小松真弓(パナソニック(株)),Stephen W. John(パナソニック(株)),横山和夫(パナソニックエクセルスタッフ(株)),浅井勝彦(パナソニック(株)),山本正樹(パナソニック(株))
  • 大規模な三次元環境地図とRGB-Dカメラを用いた移動ロボットの広域位置同定
    (日本ロボット学会誌第31巻第9号,pp.896-906)
    鄭 龍振(九州大学),倉爪 亮(九州大学),岩下友美(九州大学),長谷川勉(九州大学)
Oct. 07, 2013
  • アクティブビジョンの高速化を担う光学的視線制御システム
    (日本ロボット学会誌 第29巻 第2号,pp. 201-211)
    奥村 光平,奥 寛雅,石川 正俊(東京大学)
  • Levenberg-Marquardt法による可解性を問わない逆運動学
    (日本ロボット学会誌 第29巻 第3号,pp. 269-277)
    杉原 知道(大阪大学)
  • 筋拮抗比の概念に基づくヒト歩行動作の運動要素分解
    (日本ロボット学会誌 第30巻 第5号,pp. 524-533)
    平井 宏明,飯村 太紀,井上 恵太,宮崎 文夫(大阪大学)
Oct. 24, 2012
  • 習熟度を考慮した自己組織的動作識別法の構築
    (日本ロボット学会誌 第28巻 第7号,pp. 783-791)
    北佳保里(東京大学 現・(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)),加藤龍(電気通信大学),横井浩史(電気通信大学・東京大学)
  • 自己調整学習メカニズム:オープンエンドな環境で発達するエージェントの自律行動学習原理
    (日本ロボット学会誌 第29巻 第1号,pp. 77-88)
    星野由紀子,河本献太,野田邦昭,佐部浩太郎(ソニー(株))
  • ばね-リンク機構を用いた外殻型2自由度屈曲マニピュレータの開発
    (日本ロボット学会誌 第29巻 第6号,pp. 523-531)
    荒田純平,齊藤善崇,藤本英雄(名古屋工業大学)
  • 水平床反力限界を考慮した2脚ロボットの走行歩容生成
    (日本ロボット学会誌 第29巻 第9号,pp. 849-856)
    竹中透,松本隆志,吉池孝英,城倉信也(本田技術研究所)
Jan. 01, 2011
  • 複数の接地部分と冗長関節を有するヒューマノイドロボットの受動性に基づく最適接触力制御
    (日本ロボット学会誌 第27巻 第2号,pp. 178-187)
    玄 相昊((独)科学技術振興機構/(株)ATR)
  • 脳-身体-環境の相互作用ループに能動的に介入する昆虫微小脳を用いた脳-機械融合系の構築
    (日本ロボット学会誌 第28巻 第4号,pp. 445-454)
    髙嶋 淳(東京工業大学),峯岸 諒(東京大学),倉林 大輔(東京工業大学),神崎 亮平(東京大学)
  • 自動車組立ラインのウィンドウ搭載支援ロボット
    (日本ロボット学会誌 第28巻 第5号,pp. 624-630)
    村山 英之(トヨタ自動車(株)),武居 直行(首都大学東京),松本 邦保(トヨタ自動車(株)),鴻巣 仁司(トヨタ自動車(株)),藤本 英雄(名古屋工業大学)
  • 低バックラッシュ立体カム機構を用いたロボットハンドの開発-軽量ロボットハンドの試作と関節機構の評価-
    (日本ロボット学会誌 第28巻 第7号,pp. 889-896)
    安沢 孝太(福島大学),佐々木 裕之(鶴岡工業高等専門学校),鄭 聖熹(大阪電気通信大学),高橋 隆行(福島大学)
Jan. 01, 2010
  • ロッド駆動型多関節術具とこれを用いたMRI環境対応小型マスタスレーブマニピュレータ
    (日本ロボット学会誌 第27巻 第6号,pp. 652-660)
    岸 宏亮(日立製作所),藤江 正克(早稲田大学),橋爪 誠(九州大学),佐久間 一郎(東京大学),土肥 健純(東京大学)
  • 人間の直接教示動作の統計的性質に基づいた折り紙ロボットの目標軌道とセンサフィードバック則生成法
    (日本ロボット学会誌 第27巻 第6号,pp. 685-695)
    田中 健太(京都大学 現:本田技術研究所),木原 康之(京都大学),横小路 泰義(京都大学 現:神戸大学)
  • 光学系と画像処理系の速度を整合した高速フォーカスビジョン
    (日本ロボット学会誌 第27巻 第7号,pp. 739-748)
    奥 寛雅(東京大学),石川 貴彦(日本電信電話),石川 正俊(東京大学)
  • 数式処理によるロボット機構の自由度解析-基本アルゴリズムと適用例-
    (日本ロボット学会誌 第27巻 第8号,pp. 900-909)
    有川 敬輔(神奈川工科大学)
Jan. 01, 2009
  • 日常生活支援のための机上作業のモデル化およびその認識と支援軌道の生成
    (日本ロボット学会誌 第25巻 第1号,pp.81-91)
    佐藤 知正,久保寺 秀幸,原田 達也,森 武俊(東京大学)
  • 顕著性に基づくロボットの能動的語彙獲得
    (日本ロボット学会誌 第26巻 第3号,pp.261-270)
    菊池 匡晃*1,荻野 正樹*2,浅田 稔*2*3
    (*1 東芝 *2 JST ERATO *3 大阪大学)
  • 腹腔内組立式3指5自由度ハンド
    (日本ロボット学会誌 第26巻 第5号,pp.453-461)
    大嶋 律也*1,高山 俊男*1,小俣 透*1,大谷 俊樹*2,小嶋 一幸*2,高瀬 浩造*2,田中 直文*2
    (*1 東京工業大学 *2 東京医科歯科大学)
  • 昆虫背脈管組織を用いた長期間室温で駆動するバイオアクチュエータの創製
    (日本ロボット学会誌 第26巻 第6号,pp.667-673)
    秋山 佳丈,寺田 玲子,岩淵 喜久男,古川 勇二,森島 圭祐(東京農工大)

PAGETOP

Advertisement

ixs yaskawa vstone TechShare unipos

Public utility corporation

ERF WRS 8thRobotAward

Privacy Policy

The Robotics Society of Japan
2FL. Blue Building, 2-19-7 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033 Japan
TEL: +81-3-3812-7594 FAX: +81-3-3812-4628