photo_sub1

MENU

News

医療機器開発の政策方針も解説!革新的な医療機器を創出する「バイオデザイン」入門[日刊工業技術セミナー] (Mar. 06, 2018)

The contents of this page and the sub-directories are mainly written in Japanese.
If you want to know about this page in detail, please go to Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

☆医療機器開発の政策方針を開示!
==========================================================================
▼3/15(木)(@東京)
[1] 革新的な医療機器を創出する「バイオデザイン」入門
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1354  
==========================================================================

☆実習を通じてAI&IoTを理解する!
==========================================================================
▼3/22(木)開催(@東京)
[2] はじめてのディープラーニングを使った画像処理入門―中級編
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1451 
==========================================================================

・————————————————————————
[1] 革新的な医療機器を創出する「バイオデザイン」入門
・———————————————————-<3/15@東京>
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1354  
   ――世界的に注目される新手法を学び、実務に役立てる

医療機器イノベーションの新手法として知られるバイオデザインを解説。
「デザイン思考(デザインシンキング)」をもとにした具体的手法から、
その適用による効果までを、開発事例を交えて紹介します。

プ│ロ│グ│ラ│ム│
─┘─┘─┘─┘─┘
 http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1354  

(1) 「経済産業省における医療機器産業政策について」
—————————————————————
(講師:経済産業省 商務情報政策局 医療・福祉機器産業室 宮原 光穂 氏)

(2) 「医療機器イノベーションをもたらすバイオデザインの世界動向」
—————————————————————
(講師:タンフォード大学、ジャパン・バイオデザイン協会理事 池野 文昭 氏)

(3) 国内におけるバイデザインの取り組みと従来開発との差異
  ―ジャパン・バイオデザインが展開する人材育成プログラム
—————————————————————
(講師:東京大学、ジャパンバイオデザイン・プログラム共同ダイレクター 前田 祐二郎 氏)

(4) フェローシッププログラムを通じた医療機器ベンチャー起業(Alivas社)
—————————————————————
(講師:東京大学ジャパン・バイオデザイン・Ⅱ期フェローシップ修了(医師)竹下 修由 氏)

◇ 開催日:2018年 3月15日(木)13:00~17:00
◇ 受講料:21,600円(税込)
◇ 会 場:エッサム神田ホール(東京都千代田区)
◇ 主 催:ジャパン・バイオデザイン協会/日刊工業新聞社
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1354  
◎……………………………………………………………………………………

・————————————————————————
[2] はじめてのディープラーニングを使った画像処理入門―中級編
・————————————————————<3/22@東京>
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1451  
   ――TensorFlowで始めるAI導入と画像認識の実践的手法

前半にAIの概要とTensorFlow公式サイトで公開の「MNIST For ML Beginners」
「Deep MNIST for Experts」を例に、ディープラーニングの仕組みを学びます。
後半では、ディープラーニングを使った一般物体認識とカメラ画像から
歩行者の性別、年齢、服装、姿勢などを識別するPC演習を実施し、
ロボットでの応用システム構築のための実践力を身につけます。

プ│ロ│グ│ラ│ム│
─┘─┘─┘─┘─┘
 http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1451  

(1) AIとは?
—————————————————————
(2) TensorFlowの概要
—————————————————————
(3) 畳み込みニューラルネットワークとは
—————————————————————
(4) ディープラーニングを使った一般物体認識
—————————————————————
(5) ディープラーニングを使った歩行者属性認識
—————————————————————

◇ 開催日:2018年 3月 22日(木)10:00~17:00
◇ 受講料:43,200円(テキスト、税込)
◇ 会 場:日刊工業新聞社 東京本社セミナールーム(東京都中央区)
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1451  
◎………………………………………………………………………………………………

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2018 日刊工業新聞社 The Nikkan Kogyo Shimbun Co., Ltd
〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
今堀崇弘
日刊工業新聞社
t.imahori@media.nikkan.co.jp


PAGETOP

Advertisement

ixs yaskawa vstone TechShare

Public utility corporation

ERF WRS 8thRobotAward

Privacy Policy

The Robotics Society of Japan
2FL. Blue Building, 2-19-7 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033 Japan
TEL: +81-3-3812-7594 FAX: +81-3-3812-4628