photo_sub1

MENU

Journal of RSJ

Information for Authors

The contents of this page and the sub-directories are mainly written in Japanese.
If you want to know about this page in detail, please go to Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

論文投稿にあたっての注意点

日本ロボット学会論文誌(和文誌)は,2019年発行の第37巻以降,大きく変わります.以下の点をご了承の上,ご投稿ください.

  1. A4化
  2. 2019年発行の第37巻より,学会誌サイズが通常のA4判に変更となります.これに伴い,1頁当たりに記述できる分量が従来の約8%増しとなります(投稿費用は変わりません).
  3. 完全オープンアクセス化
  4. 2019年より,論文誌発刊と同時に全ての投稿論文をJ-stage上でオープンアクセス論文として公開します.
  5. 完全オンライン化(2020年より)
  6. 投稿論文の速やかな掲載をめざし,2020年発行の第38巻から一般投稿論文の完全オンライン化を行います.投稿いただいた論文のうち,第38巻以降に掲載される論文については, J-stageのみの掲載となり,印刷される学会誌には掲載されません.ただし,これに代えて半ページ~1ページの抄録を掲載する予定です.38巻以降に掲載となった場合には,抄録の提出をお願いします(フォーマットは検討中です).
  7. 別刷り廃止(2020年より)
  8. 上記の完全オンライン化に伴い,2020年発行の第38巻から一般投稿論文の別刷りは廃止します.2019年掲載分については「論文取扱規則」に基づき,希望する著者に別刷を有償で販売します.

日本ロボット学会誌への投稿および査読に関する情報

日本ロボット学会誌への投稿(論文投稿だけでなく,解説記事や一般記事の寄稿を含む)に関する規程およびこれに関連する情報を紹介しています.

規則改定履歴

日本ロボット学会誌・寄稿および査読に関する規則集

日本ロボット学会誌における寄稿および査読に関する規則集です.日本ロボット学会誌に掲載される記事の種類,寄稿のための手続き,原稿の作成方法,査読に関する取り決めなどがまとめられています.

原稿作成に際しては,本文書および以下のスタイルファイルもご参照ください.

「日本ロボット学会誌・寄稿および査読に関する規則集」(PDF:469k) (2011年11月制定,2014年3月改定)

一般社団法人日本ロボット学会著作権規程

一般社団法人日本ロボット学会が編集,発行,公開する著作物に関する著作権にかかる規程です.日本ロボット学会誌に掲載された論文や解説等,またJ-STAGEにて公開する動画の著作権は本規程に則ります.

「日本ロボット学会著作権規程」 (2014年2月26日改定,2014年3月17日実施)

日本ロボット学会の著作物の著作権帰属と著作物利用許諾について

  1. 日本ロボット学会が発刊する日本ロボット学会誌の投稿論文,解説記事及び一般記事等や,また不定期刊行される単行本(著作者が明示される)等の著作物は,「日本ロボット学会著作権規程」の第3条第4項に定める著作物に該当し,著作物の素材すなわち原著作物に対する著作権は著作者に帰属し,刊行物すなわち編集著作物の著作権は日本ロボット学会に帰属します.
  2. 日本ロボット学会著作権規程第3条第4項の定めに従い,著作者は本学会に対し,本学会による著作物の利用を許諾するものとし,本学会はそれを条件に刊行物に該当著作物の掲載を行います.
  3. 著作者は,本学会が第三者から著作物利用の許諾申請を受けた場合および本学会自らが「日本ロボット学会誌」以外に著作物利用する場合(電子媒体による利用を含む),これに関する原著作物の利用を本学会に許諾するものとします.また,これにより本学会が著作物使用料等を得た場合は,本学会の運営費に充当することを認めるものとします.
  4. 論文などの投稿著作物に付随する投稿動画の電子出版掲載については,著作者より本学会に許諾されるものとします.
  5. 著作者が論文の記述,図,表等に,他人の著作物を利用あるいは引用する場合,著作権を侵害しないための必要な処置は著作者の責任において行うものとし,本学会は一切の責任を負いません.
  6. 投稿される論文は,過去に公開されたことがなく,他の雑誌等に掲載の予定がないことは,著作者の責任において保証するものとし,二重投稿などの問題の発生に対して本学会は一切の責任を負いません.

論文に付随した動画投稿

一般社団法人日本ロボット学会では2012年2月より投稿論文の付録として動画の投稿を受け付けることとなりました.従来の紙面だけでは困難であったロボットの動作状況等を説明する補助手段として,動画の利用もご検討ください.

動画投稿に関しては案内ページを用意していますのでご参照ください.

論文に付随した動画投稿のご案内

論文・一般記事投稿用クラスファイル

日本ロボット学会誌の原稿を作成するための雛型です.LaTeX 2eのクラスファイルおよびMicrosoft Wordのテンプレートファイルを用意しています.

論文・一般記事投稿用クラスファイル

その他の規定等

日本ロボット学会誌への論文投稿に関する投稿料規定および文中で使用する用字・用語は以下をご覧ください

PAGETOP

Advertisement

ixs yaskawa vstone TechShare unipos

Public utility corporation

ERF WRS 8thRobotAward

Privacy Policy

The Robotics Society of Japan
2FL. Blue Building, 2-19-7 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033 Japan
TEL: +81-3-3812-7594 FAX: +81-3-3812-4628