CLOSE

東京都公立大学法人 教員募集

募集職位:助教
募集人数:1名 
採用年月日:2021年10月1日以降できるだけ早い時期
所属及び勤務地:東京都立大学
     (学部)システムデザイン学部 機械システム工学科
     (大学院)システムデザイン研究科 機械システム工学域
     日野キャンパス(〒191-0065 日野市旭が丘6-6)
専門分野:機械工学を背景としたロボット工学に関する分野(体系的な理論に基づく知能・認知ロボット,生活支援ロボット,移動・歩行・飛行・遊泳ロボットなどの応用分野)
業務内容(担当予定科目):ロボット工学関連学生基礎実験,応用実験,および左記の専門分野に関連する工学専門科目 
応募資格:博士の学位を有する方,あるいは2021年10月までに取得予定の方
勤務時間:1日7時間45分(みなし労働時間)の専門業務型裁量労働制 
休  日:週休2日(原則土曜日及び日曜日),祝日,年末年始(12月29日~1月3日)
休  暇:年次有給休暇,夏季休暇,慶弔休暇,妊娠出産休暇等
 「東京都公立大学法人教職員の勤務時間,休日,休暇等に関する規則」によります. 
給与・手当等:(1)職位・業績・職務内容に応じた年俸制.昇給あり.(2)通勤手当等,諸手当支給. (3)退職手当は,別途法人退職時に支給.※(1)(2)は「東京都公立大学法人大学教員給与規則」,「東京都公立大学法人通勤手当規則」によります.(3)は「東京都公立大学法人退職手当規則」によります. 
任期:5年(更新1回.更新後の任期は5年)
     *任期更新後,採用から10年目の審査を経て任期の定めのない雇用となります.詳しくは本学ホームページ(https://www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html)を御参照ください.※ただし,65歳となった年度の末日をもって退職となります.
試用期間:採用の日から6月
加入保険:公立学校共済組合,地方公務員災害補償,雇用保険
応募書類:(1)履歴書(様式3-1)(2)教育研究業績一覧(様式3-2)(3)代表的研究業績説明書(様式3-3)(4)教育・指導実績一覧(様式3-4)(5)外部資金実績一覧(様式3-5)(6)社会貢献等業績一覧(様式3-6)(7)応募者について所見を伺える有識者複数名の氏名・肩書・連絡先を記載したリスト(様式任意)※選考の過程で,指定した有識者の推薦書を提出していただく場合があります.(8)採用後の教育・研究・社会貢献活動の計画(2,000字以内で作成:様式任意)
     ※所定様式及び記入要領は下記ホームページからダウンロードしてください.
      https://www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html
提出方法:簡易書留で一括郵送してください(郵便又は信書便に限る.なお,持参も可).
     封筒等に「教員公募書類(0259 ロボット工学 助教)在中」と朱書きしてください.
     応募書類は返却しません.予め御了承ください.
     ※上記取扱いのため,万一高価な書類等を送付される場合は,その点を御留意の上,御応募ください.
     ※電子メールによる御応募は受け付けておりません.
提出先:〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 東京都公立大学法人 総務部人事課人事制度係 
提出期限:2021年4月30日(金)(必着)※海外から応募される場合には郵便事情を考慮されるようお願いします. 
選考方法:1次選考:書類選考
     2次選考:1次選考通過者に対して,5月下旬に面接を行います.
     なお,時間・場所等の詳細は,別途1次選考通過者に御連絡します. 
     ※2次選考にあたり必要となる旅費・滞在費等は応募者の負担となります.また,合否は当該部局から通知されます.
問い合わせ先:◎公募全般に関すること
     東京都公立大学法人 総務部人事課人事制度係
     TEL 042-677-1111(内)1027,1028
     E-mail:kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp 
     ◎専門分野に関すること 
     首都大学東京 システムデザイン学部 機械システム工学科学科長 教授 楊明
     TEL 042-585-8440 E-mail:yang@tmu.ac.jp 
募集者名称:東京都公立大学法人 
受動喫煙防止措屋の状況:屋内原則禁煙(屋外喫煙専用場所設置) 
備  考:所属について,平成30年4月の教育研究組織再編前の学部及び研究科が存続する間,当該学部及び研究科を兼務していただく可能性があります.採用時点で博士号の学位を取得できなかった場合には,不採用となります.本学は,性別,障がいの有無,文化的相違等にかかわらず,多様な人々が大学のあらゆる場における活動に同様に参加し,等しく尊重されるような大学としていくため,ダイバーシティを推進しています.本学のダイバーシティへの取組については,以下を御参照ください.
     (ダイバーシティ推進室)
      http://www.comp.tmu.ac.jp/diversity/index.html