photo_sub1

MENU

お知らせ

ロボ展技術講座:ディープラーニングを使った画像処理/ヒューマノイドロボットの研究動向と将来展望 (2017/11/14)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/11/15━
┃[国際ロボット展 技術セミナーMail]     発信:日刊工業新聞社
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ INFORMATION━━

☆2017国際ロボット展併催セミナー
==========================================================================
▼12/2(土)開催(@東京ビッグサイト)
[1] はじめてのディープラーニングを使った画像処理入門―中級編
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1257
▼11/29開催(@東京ビッグサイト)
[2] 再び!ヒューマノイド先進国へ!ヒューマノイド・ロボットの研究動向と将来展望
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1253
==========================================================================
▼11/30(木)開催(@東京ビッグサイト)
[3] ロボット×IoT×AIで達成するダイナミックセル生産
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1259
▼12/1(金)開催(@東京ビッグサイト)
[4] 協働ロボットシステムの安全確保とコラボレーティブオペレーションの最新動向
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1242
==========================================================================

・————————————————————————
[1] はじめてのディープラーニングを使った画像処理入門(中級編)
・————————————————————<12/2@東京>
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1257
   ――TensorFlowで始めるAI導入と画像認識の実践手法

プ│ロ│グ│ラ│ム│
─┘─┘─┘─┘─┘
 http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1257

(1) Deep Learningとは
—————————————————————
(2) TensorFlowの紹介
—————————————————————
(3) ディープラーニングを使った歩行者属性認識―実践編
—————————————————————

◇ 開催日:2017年 12月 2日(土)13:00~17:00
◇ 受講料:27,000円(テキスト、税込)
◇ 会 場:東京ビッグサイト 会議棟6F 607会議室
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1257
◎………………………………………………………………………………………………

・————————————————————————
[2] ヒューマノイド・ロボットの研究動向と将来展望
・——————————————————-<11/29@東京>
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1253

ヒューマノイドの研究開発で後塵を拝する立場となった日本において、
再び、同分野の開発を追求する動きが再び高まりつつあります。
本セミナーでは最新の研究動向を紹介し、同分野の将来を展望します。

プ│ロ│グ│ラ│ム│
─┘─┘─┘─┘─┘
 http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1253

(1) 人の役に立ち人間社会の生活を豊かにするヒューマノイドへの探求
—————————————————————
(講師:Honda Research Institute Japan 吉池 孝英 氏)

(2) 国際共同研究を通じた「すぐに働ける」ヒューマノイド実現への試みと展望
—————————————————————
(講師:産業技術総合研究所 吉田 英一 氏)

(3) ヒューマノイドの力学・制御・運動計画研究の歴史と展開
—————————————————————
(講師:大阪大学 杉原 知道 氏)

(4) ヒューマノイドにおけるハードウェア技術の研究動向
—————————————————————
(講師:早稲田大学 橋本 健二 氏)

◇ 開催日:2017年 11月 29日(水)14:00~17:00
◇ 受講料:10,800円(税込)
◇ 会 場:東京ビッグサイト 会議棟7F 703会議室
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1253
◎………………………………………………………………………………………………

・————————————————————————
[3] ロボット×IoT×AIで達成するダイナミックセル生産
・——————————————————-<11/30@東京>

◇ 開催日:2017年 11月 30日(木)14:00~17:00
◇ 会 場:東京ビッグサイト 会議棟7F 703会議室
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1259
◎………………………………………………………………………………………………

・————————————————————————
[4] 協働ロボットシステムの安全確保とコラボレーティブオペレーションの最新動向
・——————————————————-<@東京>

◇ 開催日:2017年 12月 1日(金)13:30~17:00
◇ 会 場:東京ビッグサイト 会議棟7F 703会議室
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1242
◎………………………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2017 日刊工業新聞社 The Nikkan Kogyo Shimbun Co., Ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
今堀崇拝弘
日刊工業新聞社
t.imahori@media.nikkan.co.jp
t.imahori@media.nikkan.co.jp


PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone TechShare unipos

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628