photo_sub1

MENU

お知らせ

協働ロボットシステムの安全確保と協調安全の世界動向[日刊工業新聞社ロボットセミナー] (2018/04/06)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2018/04/06━
┃[日刊工業新聞社 技術セミナーMail]     発信:日刊工業新聞社
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ INFORMATION━━

☆協働ロボの世界動向と産ロボ規格の改訂を解説!
==========================================================================
▼5/24(木)開催(@東京)
[1] 協働ロボットシステムの安全確保と協調安全の世界動向
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1627
▼8/2(木)~8/3(金)開催(@千葉)
[2] 実機で学ぶ!協働ロボットシステムのリスクアセスメントとシステム構築術
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1621
==========================================================================
⇒⇒満席になり次第、申込受付を締め切ります。お申し込みはお早めに。

☆ロボ・AI等新規事業立ち上げの切り札!
==========================================================================
▼4/27(金)開催(@東京)※早期申込割引アリ!
[3] 米スタンフォード大学流イノベーション手法でつくる“3年後”の新製品&新サービス
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1534
==========================================================================

・————————————————————————
[1] 協働ロボットシステムの安全確保と協調安全の世界動向
・——————————————————–<5/24@東京>
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1627
   ――協働ロボシステムの設計からリスクアセスメント、国際規格の改訂、要員認証の最新動向まで~

機能安全活用実践マニュアル ロボットシステム編の作成に関わった専門家が、
開発側と労働安全側の立場から、同マニュアルにもとづく安全設計やリスク
アセスメントを解説。同マニュアルの要点ならびに活用法の一端を紹介します。
また、2020年改訂目標のISO 10218-1および2の審議内容や、新たな安全コンセプト
「協調安全」の動向、SA資格制度を活用した要員認証など国内外の動向も紹介します。

プ│ロ│グ│ラ│ム│
─┘─┘─┘─┘─┘
http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1627

(1) 協働ロボットシステムの安全設計と協調安全の世界動向
  (講師:デンソーウェーブ 橋本 秀一 氏)
—————————————————————
(2) 協働ロボットシステムのリスクアセスメントとリスク低減方策の実例
  (講師:トヨタ自動車 星野 康晴 氏)
—————————————————————
(3) ロボット・セーフティアセッサ資格制度とシステム承認の変革
  (講師:日本ロボット工業会 システムエンジニアリング部会長 小平 紀生 氏)
—————————————————————
 
◇ 開催日:2017年 5月 24日(木)13:00~17:00
◇ 受講料:27,000円(税込)
◇ 会 場:日刊工業新聞社 東京本社セミナールーム
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1627
◎………………………………………………………………………………………………

・————————————————————————
[2] 実機で学ぶ!協働ロボットシステムリスクアセスメントとシステム構築術
・——————————————————-<8/2~8/3@千葉>
   http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1621
   ――リスクアセスメントから保護方策の実施、妥当性確認まで

実機をベースに協働ロボットシステムのリスクアセスメントと設計手順を解説。
協働ロボットシステムのリスクアセスメントならびにリスク低減手法、
ロボットシステムの設計、妥当性確認の具体的な進め方を理解します。
SMFL施設内の協働ロボットやAGV、セーフティコンポーネントに
触れながら学ぶことができ、実践力の獲得が期待されます。

プ│ロ│グ│ラ│ム│
─┘─┘─┘─┘─┘
 http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1621

◇ 開催日:2018年 8月 2日(木)~3日(金)10:00~17:00
◇ 受講料:86,400円(税込、テキスト代、リスクアセスメントシート例込み)
◇ 会 場:SMFLレンタルTokyo Robot Base(千葉県市川市)
◇ 申し込みURL:http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1621
◎………………………………………………………………………………………………

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※アドレス、住所、会社名、部署名等の変更は
 seminar-osaka@media.nikkan.co.jp までお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2018 日刊工業新聞社 The Nikkan Kogyo Shimbun Co., Ltd
〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
今堀崇弘
日刊工業新聞社
t.imahori@media.nikkan.co.jp
06-6946-3372


PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628