photo_sub1

MENU

お知らせ

【ご案内6/30】「PID 制御の基礎と Python による実習」(ISCIE/SICE チュートリアル講座2018) (2018/06/05)

日本ロボット学会の皆様:

6月30日(土)に開催いたしますチュートリアル講座のご案内をお送りいたします.
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております.
申込締切:6月21日(木)

—————————————————————————–
システム制御情報学会・計測自動制御学会 チュートリアル講座2018
「PID 制御の基礎と Python による実習」
 https://www.iscie.or.jp/conf/meeting/tutorial/

【日時】 2018年6月30日(土)

【場所】 大阪府立大学I-site(アイサイト)なんば(大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号 南海なんば第1ビル2階)

【主催】 システム制御情報学会, 計測自動制御学会

【協賛】(予定も含む)
     IEEE Control Systems Society Kansai Chapter,日本シミュレーション学会,
     情報処理学会,日本計算工学会,高分子学会,日本化学会,化学工学会,
     電気学会,日本ロボット学会,日本機械学会,電子情報通信学会,
     人工知能学会,日本知能情報ファジイ学会,日本感性工学会,
     日本人間工学会,日本認知科学会,ヒューマンインタフェース学会,
     土木学会,建築学会,自動車技術会,日本航空宇宙学会,日本船舶海洋工学会

【趣旨】 
PID 制御とはフィードバック制御のひとつである。PID 制御は、P(比例)動作,I(積分)動作,D(微分)動作の3要素から構成されその制御原理が極めて明確であり、モータなどの物理システムからコンピュータシステムまで「フィードバック」制御が求められる場所で分野を問わず適用されている。
本チュートリアルでは、古典制御の復習および、PID 制御の動作原理、ゲインチューニング法など PID 制御の基礎を説明するとともに、ビッグデータ解析、人工知能開発などの分野をはじめ様々な用途で利用されている Python(パイソン)を用いた実習をおこなう。

【講師】
南 裕樹 氏(大阪大学)

【プログラム】
10:00~10:30
演習環境の準備とPython の基礎
10:30~12:00
閉ループ特性(過渡特性・定常特性)ー 演習1
13:00~14:00
PID 制御器のモデルマッチング設計・2自由度制御系 ー 演習2
14:00~16:30
開ループ特性, ループ整形, 位相進み・遅れ補償 ー 演習3

【定員】 30名

【聴講料】
 会員(協賛・事業維持含む)12,000円,学生3,000円,非会員18,000円
 (金額はすべて税込です)

【申込条件】
・実習で利用するノートPC (必要条件:64bit OS Windows 7 以降, Mac OSX Yosemite以降) を持参できること.
・申込者に後日ご案内する事前準備作業(Docker のインストールなどを予定)を当日までに行えること.

【申し込み方法】
 以下のアドレス(ISCIEウェブページ)よりお申し込みください.
 6月21日(木)をもって締め切りと致します.
https://www.iscie.or.jp/conf/meeting/tutorial/

【連絡先】
 原 尚之
 大阪府立大学大学院 工学研究科 電気情報システム工学分野
 Tel: 072-254-9252
 E-mail: n-hara [at] eis.osakafu-u.ac.jp
  ※上記アドレスは [at] を@に変換ください.

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
原尚之
大阪府立大学
n-hara@eis.osakafu-u.ac.jp
072-254-9252


PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone TechShare unipos

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628