photo_sub1

MENU

お知らせ

AI、ロボット開発にも必須の数学的アプローチ『もう一度、数学』コースのご案内:KISTEC教育講座 (2018/10/30)

神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)の山口と申します。
このたびは11月28日より開催の標記講座についてご案内申し上げます。

本講座は、大学初年級での微分積分、線形代数の復習から入り、微分
方程式を(近似的に)解くための差分法を「題材」として取り上げ、その数
学的理論を理解するなど、いわば数学の”実体”をつかんでいただけるよ
うな構成に工夫しています。
PCを使った演習や数理科学と臨床医学の協働事例なども紹介します。

■■■■■研究者、技術者のための もう一度、「数学」コース■■■■■
―講義と演習で深める数学的思考と論理学―
https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/edu_h30/ed30_seminar_13/
日 程:平成30年 11/28(水)、29(木)、30(金) 全3日間
定 員:12名
受講料:57,000円(全日程) 21,000円(1日ごとの選択受講)
会 場:かながわサイエンスパーク内 KISTEC講義室 (川崎市高津区坂戸3-2-1)
*1日単位の受講も承ります。
<講師>
東北大学 材料科学高等研究所 教授・博士(工学) 水藤 寛氏
東京大学大学院 数理科学研究科 教授・博士(理学)齊藤 宣一氏
京都大学 数理解析研究所・准教授 博士(哲学) 照井 一成氏
***********************************************************************
★☆★☆★☆★☆★☆★↓↓講義内容はこちら↓↓☆★☆★☆★☆★☆★☆
【11月28日】
★<大学初年級の数学の復習>
流れの数値シミュレーションと大学での微分積分・線形代数
★<差分法の理論1>境界値問題の数理と差分法
★<PCでの演習1>計算上での差分法のプログラミング1
★<論理学1>数理論理学の基礎
【11月29日】
★<論理学2>不完全性定理
★<差分法の理論2 >熱方程式の数理と差分法
計算機上での差分法のプログラミング2
★<差分法の理論3>安定性と収束性
【11月30日】
★<差分法の理論4>有限体積法、有限要素法と差分法
★<差分法の演習>差分法の理論に関する演習
計算機上での差分法のプログラミング3
★<まとめと展望>数理科学と他分野の連携例の紹介 

■このような方にお勧めします■
・シミュレーションや解析を行いながら、この計算の根拠がわからない、と悩んでいる
・そもそもコンピュータとは何か、数学を使って考えてみたい
・計算機の中で動いている論理について知りたい
・数値シミュレーションの基盤となっている数学を知りたい
・生命科学・医療・環境・流通など、諸分野の課題を数学的手法で解決できたら、
と考ている・・・・・・・・・・
「数学をもっとやっていたらよかったなぁ・・・でも、いまさらひとりではちょっと」
とお悩みの方、この機会にぜひご受講ください。

詳細・お申込みはこちら↓↓↓
https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/edu_h30/ed30_seminar_13/
★1日ごとの選択受講も承ります

●お問い合わせは下記までお願いいたします。
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所
人材育成部 教育研修グループ

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
山口 愛
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 人材育成部
ed@newkast.or.jp
電話番号044-819-2033


PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone TechShare unipos

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628