photo_sub1

MENU

お知らせ

「5軸」、「センサレス」―多機能化の進む工作機械で難加工材の高精度加工を (2019/01/08)

<KISTEC教育講座のご案内>

難削材・高機能材料の高付加価値加工技術 ~新たな課題への挑戦~

日程:平成31年1月29日(火)、30日(水) 計2日間

カリキュラム編成者:
東京電気大学 特別専任教授(東京大学名誉教授) 工学博士 帯川 利之氏

https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/res_human_devl/edu_h30/ed30_seminar_16/

■プログラム■
<1月29日(火)>難削材・高機能材料のハイパフォーマンス加工

10:00~12:00「難削材加工技術の原理と基礎」
  東京電機大学 特別専任教授(東京大学名誉教授) 帯川 利之 氏

13:00~15:00「多機能工作機械による難削材の高速加工」
  東京農工大学 大学院工学研究院 教授 笹原 弘之 氏

15:15~17:15「難削材加工-精密超音波楕円振動切削と,びびり振動の抑制」
  名古屋大学 大学院工学研究科 教授 社本 英二 氏

<1月30日(水)>難削材・高機能材料の高付加価値加工技術

10:00~12:00「ナノプレシジョン加工」
  国立研究開発法人 理化学研究所 大森素形材工学研究室 主任研究員 大森 整 氏

13:00~15:00「IoT世代の加工技術-「センサレス加工」を中心に」
  慶應義塾大学 システムデザイン工学科 准教授 柿沼 康弘氏

15:15~17:15「複合材料の高精度切削加工」
  東京電機大学 工学部・機械工学科 教授 松村 隆 氏

■ご案内■
「軽量」「高強度」そして「高機能化」への要求が続く材料の世界。
工具磨耗は尽きない悩みとなって加工の途上にたちはだかり、省エネと
コスト削減の両立という難題にも直面します。

本コースは、カーボン、ガラス繊維を混ぜ込んだ複合材、硬脆材など
を含む“難加工材”の精密切削・研削技術について新たな視点から学
習することを目的に編成した講座です。
2日間の日程を、「加工精度の向上」と「材料の複合化に伴う技術の
進化」のテーマごとに構成し、特有の課題とその解決に向けた新しい
技術、複雑形状を実現する高精度な加工技術など、基礎から実際の適
用事例まで理解することができます。

さらに、新しい制御理論と機構に基づき、次世代の機械加工技術とし
て注目を集める「センサレス加工」の知的な工作機械の原理としくみ
をご紹介します。

高品位・高精度の加工技術発し、「技術提案型」企業として新たな発
展を目指すみなさまにぜひお薦めしたい講座です。

★彡 詳細はこちら↓↓↓
 https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/ed30_seminar_16/

※神奈川県に在住、在勤の方を対象とした割引システムもございます。
ぜひご利用下さい。

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
水野純一
神奈川県立産業技術総合研究所
ed@newkast.or.jp
044-819-2033


PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone unipos

求人情報

ixs

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628