photo_sub1

MENU

お知らせ

博士課程教育リーディングプログラム「実体情報学」のキックオフシンポジウムのお知らせ (2014/03/11)

日本ロボット学会会員の皆様
(複数のMLにてご案内しております.重複配信をご容赦下さい.)

早稲田大学では,2013年度に採択されました博士課程教育リーディングプログラム「実体情報学」のキックオフシンポジウムを,下記のように開催いたします.
シンポジウムでは,基調講演として,海外連携大学および国内企業から
実体情報学に関連する教育および研究に関する話題をご提供いただきます.
また,早稲田の若手研究者から関連分野の研究状況の紹介,そして
パネルディスカッションでは,実体情報学分野の大学院教育・研究の在り方について意見交換いたします.
ご案内が直前になりまして申し訳ありませんが,ぜひご参加ください.
参加を希望される方は,お手数ですが,氏名,所属,連絡先を下記のアドレスまでお送りください.
  送付先:leading-sn-info@list.waseda.jp
よろしくお願いいたします.

            実体情報学プログラムコーディネーター   菅野重樹
            実体情報学プログラムサブコーディネーター 小林哲則

     文部科学省 博士課程教育リーディングプログラム
      「実体情報学」キックオフシンポジウム

日時:2013年3月17日(月) 講演会 10:00~17:00 レセプション 17:30~
場所:早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館2階 03・04室
   レセプション レストラン馬車道 63号館1階
   東京メトロ副都心線 西早稲田駅直結
   地図等:http://www.sci.waseda.ac.jp/access/
参加費:無料

プログラム概要(発表は英語になります)
10:00-10:20 実体情報学紹介 菅野重樹(プログラムコーディネーター)
10:20-11:10 招待講演1 Prof. Alexander Waibel(カーネギーメロン大学)
11:10-12:00 招待講演2 Prof. Gordon Cheng(ミュンヘン工科大学)
             Leading to the development of complex embodied informatics systems
13:00-13:10 挨拶 橋本周司(早稲田大学副総長 プログラム責任者)
13:10-14:00 招待講演3 藤澤浩道(日立製作所)
             40 Years in Industrial R&D – What I have learned in
Hitachi and the IEC
14:00-14:20 研究紹介1 小林 洋(早稲田大学)
             Medical Robot based on Physical Organ Model in Embodiment
Informatics
14:20-14:40 研究紹介2 坂本瑞季(早稲田大学)
             Gamified Real – Improving our Quality of Life with Game’s Power –
15:00-17:00 パネルディスカッション How to cultivate Ph.D Students ?
進行:小林哲則(早稲田大学 プログラム サブコーディネーター)
パネリスト
          菅野重樹(早稲田大学 プログラムコーディネーター)
          Prof. Alexander Waibel(カーネギーメロン大学)
          Prof. Gordon Cheng(ミュンヘン工科大学)
          藤澤浩道(日立製作所)
          石井裕之(早稲田大学)
          松山洋一(早稲田大学)
17:30    レセプション

司会:小林哲則(早稲田大学)
   亀﨑允啓(早稲田大学)


PAGETOP

広告

ixs yaskawa vstone

関連公益団体

ERF WRS 8thRobotAward

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628