photo_sub1

MENU

お知らせ

公益財団法人 NSKメカトロニクス技術高度化財団-2014 年度研究開発、技術教育、研究会への助成-募集のお知らせ- (2014/06/27)

公益財団法人 NSKメカトロニクス技術高度化財団
-2014 年度研究開発、技術教育、研究会への助成-募集のお知らせ-
なお当分の間技術交流助成事業を中断いたします。

 メカトロニクス技術の高度化に関する2014 年度事業による助成の募集を行います。下記を参照のうえご応募下さい。
 本財団は1988 年に設立され、日本精工株式会社およびその関連会社からの寄附金等により活動しております。

1.募集対象

(1) 研究開発への助成 (1 件200 万円程度、年間15 件前後)
 独創的な研究であって、質量ある対象を支え、駆動し、制御するというメカトロニクス技術(Motion & Control)の発展に貢献する、基礎的または応用的研究を対象とし、概ね2ヵ年以内に終了する下記研究分野の研究費
 イ) メカトロニクスの要素および基礎に関する研究
   ① トライボロジー
   ② センサー
   ③ アクチュエーター
   ④ 軸受、直線運動機構
 ロ) メカトロニクスのシステムおよび応用に関する研究
   ⑤ 機械システムとその要素
   ⑥ 機械の精密運動制御
   ⑦ ロボット機構と制御
   ⑧ メカトロニクス技術の産業応用

(2) 技術教育への助成 (1 件250 万円を限度、年間5 件前後)
 2012 年に開始したメカトロニクス技術の分野に従事する人材の増加、育成およびレベルの向上を目的とした高等専門学校の学生に対するメカトロニクス技術教育の経費への助成。質量ある対象を支え、駆動し、制御するメカトロニクス技術(Motion & Control)の本質を経験させることのできる、座学と実験・実習が連携、融合した教育が対象。1,2 年次の導入教育、3~5 年次の基礎教育、専攻科における発展教育など学年進行に応じた教育内容の創意工夫を歓迎するとともに、メカトロニクス技術が機械系および電気・情報系技術の融合分野にあることから、これらを専門とする複数の教員や学科・専攻のチームによる教育が必須。

(3)技術交流への助成 当分の間事業を中断
 メカトロニクス技術の研究分野に関する権威ある国際会議に出席しその研究成果を発表する者、または主催者側から招聘されて講演を行う者の渡航費として助成していたが、昨年度から当分の間事業を中断。

(4) 研究会への助成(1 件50 万円以下)
 2015 年9 月末までに日本国内で開催される(1) に記載したメカトロニクス技術の研究分野に関する国際的な研究会の開催費

2.応募資格

(1) 研究開発
 日本国内および海外の大学(付置研究所を含む)、高等専門学校(準ずるものを含む)その他当財団が認めた研究機関に所属して常勤する博士の学位を有する研究者。

(2) 技術教育
 科目の担当代表教員(応募申請の承認者は校長)、一校で一件の申請

(3)研究会
 日本国内の大学、研究機関、学会またはこれらに公的に設置されたグループ。応募者は博士の学位を有する研究者

3.応募締切

(1) 研究開発助成及び技術教育助成の締切:2014 年11 月5 日

(2) 技術交流助成および研究会助成の締切
 前期:2014 年10 月初~2015 年3 月末の期間開催分
 締切:2014 年7 月16 日
 後期:2015 年4 月初~2016 年9 月末の期間開催分
 締切:2015 年1 月30 日

4.書類送付・問合せ先
〒141-0032 東京都品川区大崎 1-6-3(日精ビル)
公益財団法人 NSKメカトロニクス技術高度化財団 事務局
電話:(03) 5496-5746、 FAX:(03) 5496-5748
e-mail:nsk-fam@nsk.com

5.ホームページ
http://www.nskfam.or.jp/ で詳細をご確認願います。


PAGETOP

広告/Advertisement

ixs yaskawa vstone terumozaidan

関連公益団体/Public utility corporation

ixs

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本ロボット学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
Tel:03-3812-7594 Fax:03-3812-4628