CLOSE

ロボット工学ハンドブック(第3版)

ロボット工学ハンドブック(第3版)
書名 ロボット工学ハンドブック(第3版)
編者 日本ロボット学会
ISBNコード 978-4-339-04679-3
頁数 1086ページ
体裁 B5判,上製,箱入り
発行 コロナ社
発行日 2023年2月15日(刊行日)
定価 41,800円(本体38,000円+税)
会員特価購入(学会員限定ダウンロード) 購入(コロナ社通販サイト) 購入(Amazon) リーフレット
ロボットのあらゆる事項を網羅した最新・最良の必携ハンドブック

 時代の経過とともに改訂のご要望をいただいておりました「新版ロボット工学ハンドブック」(2005年6月発行)を大きく刷新して全面改訂しました。今回の改訂は,ロボットを体系化しようとする出発点と位置づけ,ロボットに関するあらゆる事項を網羅し,ロボットから派生する学問,技術,社会,文化の全貌を理解するための一助となることを目指しました。

 本書は五つの編で構成されています。まず,ロボットがあらゆる学問を包含する究極の対象であることから,第Ⅰ編として「ロボット学概論」を設けました。第Ⅱ編以降ではロボットの構成要素,制御・知能化技術,産業応用,それらを支える基礎理論などを体系的に学ぶことができます。ロボットやその周辺分野に関わる研究者・技術者,大学・高専のロボット関係研究室の学生や,行政機関,ロボット関係の法人に所属する方々,ロボット全般に興味のある方々にとって最新・最良の必携ハンドブックです。

 

目次

第Ⅰ編 ロボット学概論

  1. ロボットの学問の体系化
  2. ロボットのマイルストーン
  3. ロボットの分類規範
  4. ロボットと産業
  5. ロボットと起業
  6. ロボットと知的財産権
  7. 生活支援ロボットと安全性と社会実装のためのシステムデザイン
  8. 人間科学とロボティクス
  9. ロボットを用いた教育
  10. 日本におけるロボット競技会
  11. ロボットと哲学・倫理
  12. ロボットと文化・社会
  13. ロボットの法と保険
  14. エンターテインメントロボット
  15. ロボットと物語
  16. ロボットによる未来社会

 

第Ⅱ編 ロボット構成要素

  1. ロボットの設計
  2. ロボット構成要素―リンク機構
  3. エンドエフェクタ
  4. 移動機構
  5. ソフトロボット
  6. インタフェース
  7. センサ
  8. アクチュエータ
  9. 制御機器
  10. 通信
  11. エネルギー源

第Ⅲ編 ロボット制御・知能化技術

  1. ロボットアーム制御
  2. ハンド(End effector)制御
  3. 移動ロボットの制御
  4. 全身協調制御
  5. 群ロボットの制御
  6. 動作ティーチング
  7. 遠隔操作システム
  8. 人間機械協調
  9. 環境認識の基礎技術
  10. 環境知能化とネットワークロボティクス
  11. 学習
  12. ヒューマンロボットインタラクション
  13. 認知ロボティクス

 

第Ⅳ編 ロボット応用

  1. 工場内ロボット
  2. 食品用ロボット
  3. 医療福祉ロボットⅠ―診断・治療用ロボット―
  4. 医療福祉ロボットⅡ―リハビリ・生活支援用ロボット―
  5. サービスロボット
  6. 農業用ロボット
  7. インフラ・建設ロボット
  8. 災害対応ロボット
  9. 水中・水上ロボット
  10. 宇宙ロボット
  11. 身体拡張
  12. マイクロロボティクス

 

第Ⅴ編 ロボット工学の基礎理論

  1. 計測・信号処理概論
  2. ロボットの運動学と動力学
  3. 制御工学概論
  4. 統計と仮説検定
  5. 確率システムと最適化
  6. 計画と解探索
  7. 機械学習
  8. 標準化・安全・倫理

 

新版ロボット工学ハンドブック(2005年発行)のご案内はこちら