CLOSE

受賞者一覧

所属などの情報は受賞時のものです。

第36回 学会誌論文賞(論文賞) 受賞者(2022年)

  • 非平面マルチロータヘリコプタの姿勢・位置独立制御
    (日本ロボット学会誌 第38巻 第2号,pp.192-198)
    長谷川直輝(キヤノン(株)),鈴木 智(千葉大学),河村 隆(信州大学),清水 拓((株)IHI),上野 光((株)IHI),村上弘記((株)IHI)
  • 自走式墨出しロボットのための高効率作業計画
    (日本ロボット学会誌 第39巻 第1号,pp.87-97)
    鶴田壮広((株)竹中工務店),宮口幹太((株)竹中工務店),藤井 中((株)竹中工務店)
  • 非平行性と粘弾性を両有する劣駆動関節機構を用いた非把持マニピュレーション
    (日本ロボット学会誌 第39巻 第6号,pp.533-544)
    栗田泰輔(大阪大学),東森 充(大阪大学)
  • 平行六面体構造を用いた2軸チルトフレームを有するチルト型クアッドロータ
    (日本ロボット学会誌 第39巻 第9号,pp.845-853)
    坂口聡範(大阪大学),滝本 隆(北九州工業高等専門学校),潮 俊光(大阪大学)
     

第10回 Advanced Robotics Paper Awards 受賞者(2022年)

Advanced Robotics Best Paper Award

  • Online generation and control of quasi-static multi-contact motion by PWT Jacobian matrix with contact wrench estimation and joint load reduction
    (Advanced Robotics Vol.35, No.1, pp.48-63)
    平岡直樹(東京大学),室岡雅樹(東京大学),野田 晋太朗(東京大学),岡田 慧(東京大学),稲葉雅幸(東京大学)

Advanced Robotics Excellent Paper Award

  • TAMS: development of a multipurpose three-arm aerial manipulator system
    (Advanced Robotics Vol. 35 No. 1, pp. 31-47)
    Hannibal Paul(立命館大学),宮﨑 遼(立命館大学),Robert Ladig(立命館大学),下ノ村和弘(立命館大学)
  • Spiral coil beneath fingertip enhances tactile sensation while tracing surface with small undulations
    (Advanced Robotics Vol. 35 No. 5, pp. 295-307)
    竹囲年延(弘前大学),新関鉄矢(弘前大学),安藤潤人(筑波大学),望山 洋(筑波大学),今西悦二郎(弘前大学),藤本英雄(名古屋工業大学)
     

第27回 実用化技術賞(技術賞) 受賞者(2022年)

  • 高い設置性と重量物処理能力を兼ね備えたティーチレス方式の物流向け直交型荷降ろしロボット
    小川昭人((株)東芝),衛藤春菜((株)東芝),中本秀一((株)東芝),園浦隆史((株)東芝),田中淳也((株)東芝),青柳利明(東芝インフラシステムズ(株)),矢部洋祐(東芝インフラシステムズ(株)),石岡透暢(東芝インフラシステムズ(株)),助川 寛(東芝インフラシステムズ(株)),青木泰浩(東芝インフラシステムズ(株))
  • ジャイロセンサーによる制振制御技術を搭載した産業用ロボット
    元吉正樹(セイコーエプソン(株)),平林友一(セイコーエプソン(株)),五十嵐克司(セイコーエプソン(株))
     

第3回 優秀研究・技術賞 受賞者(2022年)

  • 斎藤喬介(早稲田大学),亀﨑允啓(早稲田大学/JSTさきがけ),濱田太郎(早稲田大学),金田太智(早稲田大学),平山三千昭(早稲田大学),オン ライアン(早稲田大学),菅野重樹(早稲田大学)
    人共存型自律移動ロボットの統合的軌道計画システムの構築と実環境での長期間走行評価
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2J3-03)
  • 小島 航(東京農工大学),和田正義(東京理科大学)
    前輪駆動車いすの安定性の理論的解析に基づく制御性向上に関する研究
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1J3-05)
  • 海藏寺丘晴(早稲田大学),武部康隆(早稲田大学),菅宮友莉奈(早稲田大学),高西淳夫(早稲田大学/HRI),石井裕之(早稲田大学/HRI)
    新生児蘇生法トレーニング・システムの開発―筋緊張変化を再現可能な新生児シミュレータの設計・製作―
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1B1-03)
  • 小山佳祐(大阪大学),万 偉偉(大阪大学),原田研介(大阪大学)
    触覚機能を内包する高速・高精度近接覚センサ―拡散・鏡面反射面の測距・測角と反射パラメータ推定―
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2F1-02)
  • 上出寛子(名古屋大学),森川高行(名古屋大学),董 芸(名古屋大学)
    日常生活におけるモビリティを測定する指標QOML(Quality of Mobility Life)の提案
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1A3-03)
 

第3回 優秀講演賞 受賞者(2022年)

  • 廣江奈生(九州大学)
    遠隔解剖システムにおけるツールエクスチェンジャーの開発
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1B2-07)
  • 田島怜奈(東京工業大学)
    保育所適合型見守り支援を可能にする疫学と現場観察双方からの事故状況分析
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1J2-04)
  • 和田大地(宇宙航空研究開発機構)
    深層強化学習(Proximal Policy Optimization)を用いたUAVの自律的な遷移飛行制御のシミュレーションによる検証
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2I3-02)
  • 松坂要佐((株)MID アカデミックプロモーションズ)
    公平性と民主性を両立させたRoboCup用競技シミュレーションシステムの開発
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2H3-02)
  • 小山 虎(山口大学)
    「発言権」に基づく対話システムのレベル分けの提案
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1A3-01)

第1回 若手講演賞 受賞者(2022年)

  • 杉山地塩(東京工業大学)
    複数マイクロホンアレイの同期および3次元位置・姿勢推定の同時最適化の検討
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2D4-01)
  • 新井和樹(群馬大学)
    フォーカスとシート光のミリ秒制御による高速ライトシート顕微鏡
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2K4-03)
  • 森 優也(筑波大学)
    スナップシェル:パラレル機構による面状スナップモータ
    第39回日本ロボット学会学術講演会(2J3-06)
  • 藤井康之(立命館大学)
    シミュレーションと実環境実験による小型水上自律移動センシングデバイスの定点維持制御戦略評価
    第39回日本ロボット学会学術講演会(1C3-03)

第37回 研究奨励賞 受賞者(2022年)

  • 松田匠未(明治大学)
    長期広域海底探査を実現する自律型海中ロボットシステム
  • 南之園彩斗(芝浦工業大学)
    静電ソフトアクチュエータを用いた柔らかなロボットの研究
  • 金田礼人(九州大学)
    柔軟直動モータとロボットの研究
  • 三浦 智(東京工業大学)
    脳活動を用いた医療・福祉支援ロボットの直感的な操作性に関する研究
  • 宮﨑 遼(産業技術総合研究所)
    水平推進システムを備えたマルチロータUAVの開発と空中作業への応用
  • 早川智洋(富山大学)
    脚型モジュラーロボット群による大域的情報推定に基づく歩容生成
  • 髙橋知也(東北大学)
    ヒモムシ吻構造に基づく方向操舵・伸縮を可能とする液体駆動式先端伸展機構の考案・実機具現化

第12回 ロボティクスシンポジア研究奨励賞 受賞者(2022年)

  • 挾間智久(大阪大学)
    複数の目標の話題に誘導する対話のための話題戦略並列実行アーキテクチャ
    第27回ロボティクスシンポジア(2C1)
  • 鈴木大和(東京大学)
    移動と地形分類の不確実性に基づく探査ロボットの経路計画
    第27回ロボティクスシンポジア(4B2)

第2回 ロボティクスシンポジア優秀研究・技術賞 受賞者(2022年)

  • 大石修士(産業技術総合研究所),小出健司(産業技術総合研究所),横塚将志(産業技術総合研究所)
    実世界における4次元時空間注視計測
    第27回ロボティクスシンポジア(3A2)

第4回 International Session Best Presentation Award 受賞者(2022年)

Winner

  • Wendyam Eric Lionel Ilboudo (Nara Institute of Science and Technology)
    Reformulating Multi-Domain Reinforcement Learning under a Pseudo Multi-Objective Reinforcement Learning framework
    40th RSJ2022

Finalist

  • Junbo Zhang (Osaka University)
    A Spiral Classifier for Robust Pipette-Tip Attachment
    40th RSJ2022
  • Wendyam Eric Lionel Ilboudo (Nara Institute of Science and Technology)
    Reformulating Multi-Domain Reinforcement Learning under a Pseudo Multi-Objective Reinforcement Learning framework
    40th RSJ2022
  • Keli Shen (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST))
    Understanding Complex Dance Motions Through Kinematic Motor Synergy
    40th RSJ2022

第14回 ロボット活用社会貢献賞 受賞者(2022年)

  • 配膳ロボットの社会実装と普及への貢献
    ソフトバンクロボティクス株式会社
  • 分身ロボットカフェDAWN Ver.βを通した外出困難者の社会参画の具現化に対する貢献
    株式会社オリィ研究所,川田テクノロジーズ株式会社

第15回 功労賞 受賞者(2022年)

  • Advanced Roboticsの国際的評価向上への貢献
    細田 耕 (大阪大学)