CLOSE

学会誌への投稿・寄稿

日本ロボット学会誌への投稿・寄稿について

日本ロボット学会論文誌(和文誌)では,皆様からの投稿・寄稿を受け付けています.受け付ける主な原稿の種別は次の通りです.より詳細な投稿・寄稿規則や,これら以外の原稿種別については,「寄稿および査読に関する規則集」をご覧ください.

なお,すべての原稿種別に共通して「日本ロボット学会著作権規定」が適用されます.また,原稿送付時には「日本ロボット学会の著作物の著作権帰属と著作物利用許諾について」をご確認いただくこととし,最終原稿を送付頂くことをもって,本学会に対する著作物の利用が許諾されたものと致しますのでご了承ください.

投稿論文(論文投稿の方法)

日本ロボット学会へ投稿された投稿論文は完全オープンアクセスとなっており,掲載と同時にJ-Stage上で一般に公開されます.また,2020年発行の第38巻からは投稿論文は完全オンライン化され,J-stageのみへの掲載となります.印刷される学会誌には半ページの抄録を掲載しますので,38巻以降に掲載となった場合には,抄録の提出をお願いします.上記の完全オンライン化に伴い,2020年発行の第38巻から一般投稿論文の別刷りは廃止されます.2019年掲載分については「論文取扱規則」に基づき,希望する著者に別刷を有償で販売します.

論文投稿は、ScholarOne Manuscripts™を用いて、オンラインで行います. 論文は4つのカテゴリ((1)要素,(2)システム設計・構築,(3)人材育成・社会,(4)実証実験)に分けて評価されます.各カテゴリの詳細については,「論文査読方針と基準」ならびに「日本ロボット学会誌・寄稿および査読に関する規則集」内の「論文の種類」でご確認ください.

投稿に必要なものは,

  • 投稿論文(対応フォーマット:PDF、DOC(X)など)
  • 論文投稿情報(著者、種別、カテゴリ、要旨、キーワードなどを投稿の際に入力します.)
  • 類似論文リスト(既発表あるいは投稿中論文(国際会議プロシーディング等を含む)の内容と一部重複する論文を投稿する場合、投稿の際に類似論文リストを入力します.)
  • 関連動画(必須ではありませんが、必要に応じて添付可能です.詳細は論文に付随した動画投稿をご参照下さい.)

です.

投稿サイト:ScholarOne Manuscripts

関連情報

解説記事

学会からの招待によりご寄稿いただく解説記事(「展望」「解説」等の種別があります)については,ScholarOne Manuscriptsは利用せず,学会事務局に原稿をお送りいただいています.詳細については,依頼時の文書をご参照ください.なお,解説記事についてもLaTeX2eおよびWordによるテンプレートを用意しています.一般投稿論文とはフォーマットが異なりますのでご注意ください.

一般記事に関する規則の詳細については「日本ロボット学会誌・寄稿および査読に関する規則集」内の「一般記事取り扱い規則」をご覧ください.

関連情報

放談室への投稿

本学会誌では,読者の皆様の自由な意見発表の場として小コラム“放談室”を設けています.ロボットの技術に関することにこだわらず,身近な話題,耳寄りな話,失敗談,お勧め情報,趣味・特技の紹介,名物講義といった読者の興味をひく話題を広く募っております.読者の皆様の活発な御投稿をお待ちしています.尚,掲載の可否および時期はロボット学会会誌編集委員会に一任して下さい.

投稿をご希望される場合は,電子メールにて下記のアドレスへサブジェクトを [RSJ-HODAN](半角英字で記入)としてお送りください.

電子メール送信先および送信サブジェクト名

E-mail address:
Subject: [RSJ-HODAN]

本文記入項目

  1. 1.コラム名
  2. 題名
  3. 著者名
  4. ペンネーム(もしあれば)
  5. 所属連絡先(住所,電話,FAX,E-mail)
  6. 投稿文(1056字以内厳守)

その他関連情報